トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科とは > 眼科と薬局の目薬の違い

眼科と薬局の目薬の違い

眼科と薬局の目薬の違いの画像

目薬というのは、やはりドラッグストアなどで買い求めることが多いですよね。疲れ眼やモノモライくらいなら、わざわざ混んでいる眼科に行かなくても、と思ってしまいがちです。ですが、やはり薬局で買い求める市販の目薬と眼科が処方してくれる目薬は、明らかな違いがあります。それは、オーダーメイドのスーツか、量販店で売っているスーツかの違いともいえるかもしれません。眼科で処方される目薬は、個人の症状にあわせたオーダーメイドの目薬なのです。たくさんある点眼薬から、症状に対して確実に効果が表れるモノを選んで処方してあります。ですから、効き目も安全性も高いといえます。

市販の目薬は、量産されたものです。大よその効果と効能はありますが、それが自分の症状に一番適しているものかどうかは、診断を受けているわけではないので、分かりません。疲れ眼用の点眼薬の場合、とくに薬品としての機能よりも、付け心地――すっきりするとか、優しい感じとか――が重視されているので、薬品というよりは、リフレッシュするための嗜好品的な要素が大きいです。

眼科から処方された目薬に、その付け心地を求めてはいけません。なぜなら、眼科で処方される目薬は、しみたりしみなかったりしたとしても、今一番効果がある目薬を処方されているのです。防腐剤の添加・無添加もその時々の症状によって変わります。デリケートな症状の場合は、アレルギーなどの炎症を避けるために、保存のきかない無添加の目薬を処方されるでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ レーシックと乱視

レーシックというと、近視の矯正手術のような気がするのですが、乱視矯正もできます。実際に視力の悪い人は、近視だけではなく多少の乱視も入っている人のほうが多いのではないでしょうか?ただ、乱視というのは、角膜のゆがみによるものなので、過小な乱視の場合、近視のレーシック手術によって良くなる場合が多々あるそうです。実際に私もそうでした。左目に乱視があったのですが、レーシックの手術後に矯正されました。今ではまったく乱視の症状はみられません。 強度の乱視の方なら、ウェーブフロント・レーシ

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。