トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科とは > 眼科と眼鏡店の視力検査

眼科と眼鏡店の視力検査

眼科と眼鏡店の視力検査の画像

眼科では、視力検査といえば、自覚的屈折検査を行います。自覚的屈折検査というのは、検眼レンズをつかって、単眼での検査を行い、そして、屈折の角度を測ります。ある程度の矯正視力が分かると、それにあわせたレンズを何パターンか片方ずつ試して、やがて両目による見え具合などを確認しながら、矯正する数値を出していきます。一見アナログで地道なやり取りに思えますが、検査医と患者のやり取りによって、微妙なバランスが分かってくるのです。

眼鏡店の視力検査は、ここまで手間と時間をかけたものはしないでしょう。大抵は、オートレフラクトメータやレチノスコープなどの機械を使って、瞬時に視力を測定してしまいます。この視力検査の方法を他覚的屈折検査といいます。

一瞬、機械が測定を行うので、こちらの方が正確なのではないかと思いますが、機械による測定では、おおよその数値しか分かりません。より正確な数値でより的確な矯正を行うためには、眼科で行うような自覚的屈折検査が必要なのです。レンズの微妙なバランスによって、目にかかる負担が変わります。的確な矯正が行われずに眼鏡をかけ続けていると、さらに視力の低下を招いたり、激しい疲れを感じたりします。

微調整のために眼鏡店を訪れたとしても、再び機械による測定のみであるならば、同じことの繰り返しとなります。眼鏡をそろえる前に、自分の近視や乱視・遠視などの程度をしるためにも、まず眼科で視力検査を受けることをお勧めします。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ドライアイについて

ドライアイというのは、パソコンを多く使用するようになって頻繁に感じるようになりました。「目が乾く」状態、すなわち、涙が少なくなっている状態ですよね。涙は、感情的な作用のためにあるばかりではないのです。目を保護するという大切な役割があります。涙が少なくなると、目の表面のうるおいがなくなり、角膜や結膜に乾きが現れます。それによって、目の痛みや痒み、そして、感染症などにも罹りやすくなってしまいます。 ドライアイの解消には、目薬を差すというのが一般的ですが、パソコン作業や読書、テレ

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。