トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科とは > 眼鏡は眼科の処方を

眼鏡は眼科の処方を

眼鏡は眼科の処方をの画像

眼科と眼鏡店の視力検査の違いは、自覚的屈折検査をするかしないか、ではないでしょうか。

自覚的屈折検査というのは、眼球の屈折を調べる検査で、自動的に測定してしまうオートレフラクトメータやレチノスコープという機械を使わずに、様々な角度から見え方を確かめながら、患者とのやりとりで数値を出していく検査のことです。もちろん、機械によって測る他覚的屈折検査も間違いではないのですが、結局は大まかな数値しか分からないのです。手間と時間はかかりますが、やはり正確な数値を出すのは、自覚的屈折検査だといえるでしょう。眼科医は、患者に対してまず自覚的屈折検査を行います。これは、診察のたびにカルテに書き込まれる基本的な情報となります。

近視や乱視、遠視などの度合いは、人によって様々です。また、左右もそれぞれ数値が違うのです。検眼レンズによる検査を受けた方ならご存知だと思いますが、ほんの少しの度数や角度の違いで、見え方というのは格段に変わるものです。比較検討しながら、よりよいバランスで視力が得られるように、視力矯正の数値を基にしてメガネのレンズの度数を決めていくためには、やはり眼科による自覚的屈折検査を受けるべきだとおもいます。

眼鏡店でそこまでの検眼をすることはないでしょう。前出の機会による大まかな数値でレンズを決めます。裸眼よりも確かに見えるようになるのですが、ジャストフィットしたレンズであるかどうかは分かりません。視力の衰えの進行を防ぐためにも、眼科の処方で眼鏡を作って、より自分にあったレンズを探し出すことだと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コンタクトレンズ処方は眼科で

おしゃれ目的で装着するコンタクトレンズの事故が増えていると聞きました。眼の専門家である眼科の診察無しに、コンタクトレンズを購入し装着し使用することは、危険なことです。コンタクトレンズは、手軽に装着できるアイテムですが、高度管理医療機具です。手入れの方法や使用方法をきちんと守らなくてはなりません。 そして、コンタクトレンズには、ハードレンズやソフトレンズ、また、使い捨てレンズから消毒保存により継続的に使用できるものまで、その種類は多数あります。やはり、最初にきちんと眼科で検査

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。