トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科治療について > 斜視について

斜視について

斜視についての画像

斜視というのは、眼球の瞳の方向が、両目そろって同じ方向を向かない状態のことをいいます。視線は合っているのですが、眼球の瞳の方向だけが違う方を向いてしまうのです。本人は正常に視界を捉えているのですが、周りから見ると片方の目だけあらぬほうを見ているように見え、ちぐはぐな印象を受けてしまいます。

これは、神経や筋肉の異常による麻痺性斜視と、片方ずつだときちんと正しい向きになるのに、両目いっぺんに動かそうとするとずれてしまう共同性斜視とに分類されるのですが、一般的に斜視といえば、共同性斜視のことを指すようです。先天的なものもあるのですが、事故などによって、後天的に斜視になってしまう場合もあります。遠視が原因で斜視になる場合もあります。

斜視のほとんどが手術によって治療可能だということです。子どもの頃に斜視が見つかった場合は、弱視になる可能性があるので早急に手術して治療した方がいいようです。手術を受けた方(成人女性)から聞いた話だと、費用は、健康保険の本人で、手術費用・薬代・一週間の入院費用で、10万円弱くらいだそうです。

人によっては、再手術も必要になるらしいのですが、斜視のまま暮していくよりも、手術によって直るならその可能性のほうが大切だという方が多いようです。小さな部位ですが、やはり目というのは、表情の要ですから、斜視でいる方の心的苦悩は計り知れないものがあると思います。術後のケアも大変なようですが、それでも手術というのは、有効な手段だと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 乱視矯正について

乱視は、角膜や水晶体がゆがむことによって起きる視覚障害ですが、モノが何重にも見えたり、縦のラインが見えなくなったりと厄介な症状でもあります。近視だけでなく乱視も併発してしまうと、矯正しないでいる場合、かなりの眼精疲労を感じます。 乱視の矯正は、一般的にはメガネのレンズやコンタクトレンズでします。コンタクトレンズの場合、柔らかいソフトレンズは、歪みやすく乱視の矯正には適していません。強度の乱視の方は皆ハードコンタクトレンズを使用しているようです。 最近は、メーカーの開発が進ん

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。