トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科治療について > 色覚異常について

色覚異常について

色覚異常についての画像

色の認識というのは、太陽光線を通して目の中の色を感じる部位が太陽の光を感知して分析し、脳に信号を送り、脳がそれをもとに色の判定をすることによって、行われます。

色覚異常とは、太陽からの光の周波数を正しく感知できない症状のことをいいます。太陽の光を感じる部位――ヒトの網膜の視細胞にある錐状体(すいじょうたい・錐体)と桿状体(かんじょうたい・桿体)は、主に太陽光線の中の赤・青・緑の光の三原則を感じるそれぞれ三種類の錐体受容器を持っています。

この三つの光の強弱、三つの組み合わせによって、人間は様々な色を判断しているのですが、錐体受容器のひとつが光を感知できなくなると、色覚を正しく判断することができなくなります。このような症状が、色覚異常となるわけです。色盲・色弱とよばれている症状は、色覚異常ということになります。全色盲となると、全く色を感知できなくなり、光の陰影のみの判断になりますので、目で見えるのは白黒の状態のようになります。色盲と色弱の程度と症状は、それぞれ多様にあります。三つの錐体受容器は、その色の特色によって、補色の認識ができなくなるのです。例えば、赤の錐体受容器が機能していない場合、その補色である青緑は、認識しずらくなります。

この色覚異常は、遺伝子的な先天性のものがほとんどです。眼科的な治療はまだ見つかっていませんが、色覚異常でも視力に問題があるわけではなく、また、他の眼病とのつながりもないので、色の正しい認識に不自由を感じることはありますが、普段の生活に支障はないといえます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 乱視矯正について

乱視は、角膜や水晶体がゆがむことによって起きる視覚障害ですが、モノが何重にも見えたり、縦のラインが見えなくなったりと厄介な症状でもあります。近視だけでなく乱視も併発してしまうと、矯正しないでいる場合、かなりの眼精疲労を感じます。 乱視の矯正は、一般的にはメガネのレンズやコンタクトレンズでします。コンタクトレンズの場合、柔らかいソフトレンズは、歪みやすく乱視の矯正には適していません。強度の乱視の方は皆ハードコンタクトレンズを使用しているようです。 最近は、メーカーの開発が進ん

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。