トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科治療について > シェーグレン症候群について

シェーグレン症候群について

シェーグレン症候群についての画像

シェーグレン症候群という名前は、あまり聞きなれないものですね。どのような症状の病気であるか、ご存知の方も少ないと思います。ここでは、シェーグレン症候群についてご紹介したいと思います。

シェーグレン症候群とは、要は自己免疫疾患のひとつと思っていただいていいと思います。免疫の外壁といえる粘膜の乾燥が見られるのです。主にドライアイやドライマウスなどがありますが、鼻腔内や膣内の乾燥という症状も見受けられます。

これらの臓器の乾燥によって、様々な症状を併発します。ドライアイから結膜炎や涙が出てなくなるといった現象、ドライマウスですと、舌の表面が割れてしまったり、虫歯になりやすくなったりします。口の中が乾きすぎると、喋ることも苦痛になってきたり、口臭がきになったりして日常生活に弊害を及ぼします。その他にも、関節痛、夜間頻尿、紫斑、皮疹、日光過敏などがあります。

ドライアイなどは、眼科医に相談して点眼薬を処方してもらうことによって改善できます。慢性の疾患のため、症状や程度に個人差がありますので、一概な治療法はありませんが、疾患によって引き起こされる諸症状はそれぞれ改善治療を受けることによって緩和されると思います。逆に、過剰なドライアイなどを感じた場合、すぐに眼科の診察を受け、相談に乗ってもらいましょう。難病ですが、潜伏中の患者さんも含めると、シェーグレン症候群に罹っているひとの割合は、かなり多いようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 斜視について

斜視というのは、眼球の瞳の方向が、両目そろって同じ方向を向かない状態のことをいいます。視線は合っているのですが、眼球の瞳の方向だけが違う方を向いてしまうのです。本人は正常に視界を捉えているのですが、周りから見ると片方の目だけあらぬほうを見ているように見え、ちぐはぐな印象を受けてしまいます。 これは、神経や筋肉の異常による麻痺性斜視と、片方ずつだときちんと正しい向きになるのに、両目いっぺんに動かそうとするとずれてしまう共同性斜視とに分類されるのですが、一般的に斜視といえば、共

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。