トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科治療について > 乱視矯正について

乱視矯正について

乱視矯正についての画像

乱視は、角膜や水晶体がゆがむことによって起きる視覚障害ですが、モノが何重にも見えたり、縦のラインが見えなくなったりと厄介な症状でもあります。近視だけでなく乱視も併発してしまうと、矯正しないでいる場合、かなりの眼精疲労を感じます。

乱視の矯正は、一般的にはメガネのレンズやコンタクトレンズでします。コンタクトレンズの場合、柔らかいソフトレンズは、歪みやすく乱視の矯正には適していません。強度の乱視の方は皆ハードコンタクトレンズを使用しているようです。

最近は、メーカーの開発が進んで、乱視用のソフトコンタクトレンズも出てきました。ジョンソン・エンド・ジョンソンのワンデーアキビューシリーズでも乱視用ソフトコンタクトレンズが発売されています。従来のゆがみやすいソフトコンタクトレンズの特製を、独自の設計で安定させているそうです。フリートライアルというサービスもあるので、一度試してみるのもいいかもしれません。ハードコンタクトレンズと違って、使い捨てのソフトコンタクトレンズはケアが楽で使いやすく、衛生的です。旅行にも便利なので、乱視矯正のアイテムとして利用できるといいですね。

その他にも今は、レーシック手術などでも乱視を矯正できるようです。こちらは、メガネよりも高額ですが、手術によって矯正してしまえばほぼ一生裸眼で暮すことが出来るので、長い目で見ると経済的なのかもしれません。眼科に行って、どの矯正手段があっているか相談してみるのもいいかもしれません。専門家の意見は、やはり参考にすべきです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ レーシック手術について

レーシック手術とは、レーザーを使って角膜の角度を変えて近視や乱視を矯正する角膜屈折矯正手術の一種です。近年、そのテクノロジーの目覚しい進歩によって、日帰りによる手術や、ローコスト化を可能にしており、レーシック手術の症例はものすごい勢いで増えています。ここ数年では、十人に一人の割合でレーシック手術を受けているのではないでしょうか? 術後の感染症などの問題があったりもしましたが、大手レーシック専門眼科などでは、クリーンルームを使用したりと衛生面でもかなり力を入れた設備にしている

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。