トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト眼科治療について > 老眼治療について

老眼治療について

老眼治療についての画像

老眼は、加齢によるものなので仕方がないと多くの方が諦めてきた症状です。しかし、近年では眼科医療技術のめざましい進歩により、治療可能になっています。これから老眼が始まろうとする年齢の私にとっても、大変希望の持てるニュースです。

神奈川クリニックでは、「遠近両用白内障手術」という治療法があります。これは、老眼と白内障の両方の治療ができる画期的な治療方法です。老化した水晶体を取り除いて、変わりに遠近両用のレンズを埋め込む手術なのですが、画期的と言っても手術方法は従来の白内障の手術と変わらないため、ベテランの眼科医が執刀にあたるので信頼ができます。それから、神戸クリニックで紹介されている老眼治療は、Conductive Keratoplasty(CK)と呼ばれており、アメリカではかなり認知された治療のようです。日本では「伝導式角膜形成術」というそうです。

メスもレーザーも使わない治療なので、すでにレーシック手術で角膜を削ってしまった人も受けられる治療なのです。角膜の周辺に高周波を当て、周囲のコラーゲン組織を収縮させて水晶体の弾力を高めます。強制的に水晶体の老化を戻すわけですね。老眼を回復させるともいえます。ただし、治療は一回ですまない場合もあるので、事前に眼科医とよく話し合う必要があります。

老眼治療は、まだ導入されたばかりで情報も少なく、料金もまだ高めのような気がします。今のレーシック手術のように、一般的に認知され、広く普及してくるとこの点は解消されていくとおもわれます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ レーシックと乱視

レーシックというと、近視の矯正手術のような気がするのですが、乱視矯正もできます。実際に視力の悪い人は、近視だけではなく多少の乱視も入っている人のほうが多いのではないでしょうか?ただ、乱視というのは、角膜のゆがみによるものなので、過小な乱視の場合、近視のレーシック手術によって良くなる場合が多々あるそうです。実際に私もそうでした。左目に乱視があったのですが、レーシックの手術後に矯正されました。今ではまったく乱視の症状はみられません。 強度の乱視の方なら、ウェーブフロント・レーシ

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。