トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイトレーシック眼科とは > レーシックと乱視

レーシックと乱視

レーシックと乱視の画像

レーシックというと、近視の矯正手術のような気がするのですが、乱視矯正もできます。実際に視力の悪い人は、近視だけではなく多少の乱視も入っている人のほうが多いのではないでしょうか?ただ、乱視というのは、角膜のゆがみによるものなので、過小な乱視の場合、近視のレーシック手術によって良くなる場合が多々あるそうです。実際に私もそうでした。左目に乱視があったのですが、レーシックの手術後に矯正されました。今ではまったく乱視の症状はみられません。

強度の乱視の方なら、ウェーブフロント・レーシック手術が有効だという記事を読みました。ウェーブフロント・レーシック手術は、角膜を個人個人の患者の状態に合わせて、高い精度で削っていくオーダーメイドのレーシック手術です。従来のレーシック手術がより進化したウェーブフロント・レーシック手術では、角膜を均一ではなく、1人1人の患者さんに合わせて高い精度で削っていきます。ですから、個人差のある角膜の歪みも直せるということです。しかも、従来のレーシック手術よりも視界のボケやにじみが改善されているそうです。

神奈川クリニックでは、ウェーブフロント・エクストラビューという手術になっています。気になる料金は現段階で26万円です。他の専門眼科でも、さまざまな技術の手術を提供しています。検診前の質問窓口などを利用するのもいいでしょう。なお、乱視の程度など個人差がありますので、必ず眼科医と相談をして、よりよいレーシック手術を選択してください。



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 老眼治療について

老眼は、加齢によるものなので仕方がないと多くの方が諦めてきた症状です。しかし、近年では眼科医療技術のめざましい進歩により、治療可能になっています。これから老眼が始まろうとする年齢の私にとっても、大変希望の持てるニュースです。 神奈川クリニックでは、「遠近両用白内障手術」という治療法があります。これは、老眼と白内障の両方の治療ができる画期的な治療方法です。老化した水晶体を取り除いて、変わりに遠近両用のレンズを埋め込む手術なのですが、画期的と言っても手術方法は従来の白内障の手術

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。