トップ 眼科の案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科の案内サイト東京都 > 池袋サンシャイン通り眼科診療所

池袋サンシャイン通り眼科診療所

池袋サンシャイン通り眼科診療所

通勤・通学の帰りにお立ちよりいただけます。土日祝日も診療!!

池袋サンシャイン通り眼科診療所:DATA
住所〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目5-6
電話03-3981-6363
FAX03-3981-6363
URLhttp://www.ikec.jp/
営業
駐車場
業種眼科
アクセス(最寄駅)
○JR・有楽町・丸ノ内・東武東上・西武池袋線・池袋駅・東口出口徒歩1分
(その他)
東口をでてすぐの大通りをわたり左手に三越がございます
隣に三菱東京UFJ銀行がございます
5階が当院です
お役立ち情報

池袋サンシャイン通り眼科診療所の地図

東京都豊島区東池袋1丁目5-6

池袋サンシャイン通り眼科診療所の詳細をご紹介!

当院は、電話・パソコン・携帯端末での予約を受け付けております。
http://www.ikec.jp/
なお、パソコンは「サンシャイン眼科」で検索ができます。

★2008年4月より緑内障診療がはじまりました★
毎週木曜日 11:30~13:00(完全予約制)

○緑内障について○
緑内障とは何らかの原因で視神経に障害が起きて、見える範囲(=視野)が狭くなる症状です。しかし実際には両目でカバーしたり、目を動かしたりするため自覚症状はほとんど現れません。視神経に障害が起こると元に戻すことはできないので、症状の進行をおさえるために早期発見・早期治療が必要です。

緑内障の発見には(1)眼圧 (2)眼底 (3)視野 の検査を行います。
眼底検査は網膜剥離など他の目の疾患や糖尿病、くも膜下出血などの内科・脳神経疾患の発見にもつながる検査です。
視野検査に関しては、当院では3種類の機械を症状に応じて使い分けております。

緑内障は40歳以上の20人に1人がかかると言われています。
40歳を過ぎたら1年に1度は必ず検診を受けて早期発見・早期対応が大切です。
お気軽にご相談ください。

○眼精疲労について○
 「眼精疲労」とは休憩をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残ったり、
あるいは回復したと思ったらすぐまた目の疲れが出てきたりするものです。疲れ目より、眼精疲労のほうは症状が重いです。
 眼精疲労の主な自覚症状は目に関するものとして、目が重い、ショボショボする、目が痛む、疲れによる充血、かすみや視力の低下など。また眼精疲労は目以外でも、身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることがあります。ひどい場合は目の裏側まで強い痛みや吐き気をもよおすほどです。
 さらに進行すると、眼精疲労はイライラや不安感、抑うつ、といった自律神経の症状へ発展することもあります。

※花粉症でお悩みの方もお気軽にご相談ください。

当院では症状を緩和するために点眼薬、点鼻薬、内服薬を処方しております。
症状についてお気軽にご相談ください。

医療法人社団東京みどり会 池袋サンシャイン通り眼科診療所
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-5-6 池袋三和東洋ビル5階
TEL 03-3981-6363



スポンサー広告

ネットショップ広告


眼科の案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ シェーグレン症候群について

シェーグレン症候群という名前は、あまり聞きなれないものですね。どのような症状の病気であるか、ご存知の方も少ないと思います。ここでは、シェーグレン症候群についてご紹介したいと思います。 シェーグレン症候群とは、要は自己免疫疾患のひとつと思っていただいていいと思います。免疫の外壁といえる粘膜の乾燥が見られるのです。主にドライアイやドライマウスなどがありますが、鼻腔内や膣内の乾燥という症状も見受けられます。 これらの臓器の乾燥によって、様々な症状を併発します。ドライアイから結膜炎

眼科の案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。